無添加のUVケアを選ぶならオーガニックがおすすめ理由

無添加だけでは不十分だから!

無添加というのは特に刺激の強いといわれる指定成分が配合されていないというだけの表示です。従って、指定成分以外のパラベンや鉱物油、合成着色料などが使用されている場合がほとんどです。ですから、低刺激が目的で選ぶなら無添加だけでは不十分ということになります。

オーガニックなら低刺激で安心だから!

基本的にオーガニック処方のUVケアは天然成分100%で作られていることが多いので、肌への優しさで選ぶならオーガニックが一番おすすめです。しかし、オーガニックの中にも少しだけオーガニック由来のものを使用しているだけで、オーガニックと謳っているものもあるので、注意が必要です。

オーガニック比率90%がおすすめ!

最近ではオーガニックの日焼け止めも増えてきましたが、その中で選ぶべきものはオーガニック比率90%以上のものです。これであれば、ほとんどの成分がオーガニック由来のものなので、安心して使うことができます。肌への優しさも段違いなので、ぜひ一度実感してみてください。

無添加UVケア人気ランキングTOP3

ウェアルーUV
植物原料中のオーガニック比率が98.5%という驚異的なオーガニック比率を実現したUVケア。肌への負担をほとんど感じることなく紫外線対策することができます。美容液成分が85%で作られたUVケアなので、美容液のような感覚でつけることができます。
オーガニック比率:◎ スキンケア効果:◎
公式サイトへ
24h UVベースローション
天然ミネラル成分と植物由来保湿成分だけで作られたUVケア。完全無添加なので、肌に優しいとは思いますが、残念ながらオーガニック処方かどうかは不明。ただし、植物由来の保湿成分によるスキンケア効果は期待できます。
オーガニック比率:△ スキンケア効果:◎
24h UVベースローション
UVラグジュアリーデイクリームII
メーカーのブルークレールはオーガニックコスメブランドではありますが、オーガニック比率などの記載は一切なく不明です。ただし、天然植物成分をたっぷりと配合しているので、スキンケア効果は高いと思われます。
オーガニック比率:△ スキンケア効果:○
ブルークレール

肌に負担をかけたくない方に使っていただきたい無添加UVケアはこれ!

本当におすすめしたい無添加UVケアは「ウェアルーUV」
オーガニック比率98.5%完全無添加UVケア
⇒ 天然成分100%で作られているのももちろんのことながら、植物原料中のオーガニック比率が98.5%というオーガニック処方で作られているUVケア。肌への優しさは抜群です。
紫外線カット成分をコーティング
⇒ 紫外線をカットする成分をアミノ酸でコーティングすることで、肌に直接触れるのを防いでいます。これによって、肌に無害なUVケアを実現しています。
ナノ化原料を一切不使用
⇒ 活性酸素を放出するといわれるナノ化原料(酸化チタン・酸化亜鉛など)を一切配合しないことで、肌にかかるストレスを徹底的に排除しています。

オーガニック比率98.5%完全無添加UVケア「ウェアルーUV」だけ!